Radish Network Speed Testing Ver. 5.2.2.3 β

測定設定
使用回線 - 未登録 -
測定方向
下り 上り 両方向
測定精度
「高」-多少時間がかかるが精度は高い
接続数
最小 ~ 最大
RTTの測定
速度測定前後および速度測定中の変化 速度測定前のみ 測定しない
データタイプ
圧縮可能性高 標準 圧縮可能性低
アナログモデムのようなデータ圧縮機能のある回線に使用
実際の回線速度をそのまま表した結果を得ることができるのは「圧縮可能性低」のデータ
測定クライアント
Javaアプレット JavaScript

設定について

■ 初期設定でご使用いただけます。必要がある場合は設定を変更してください。

■ 測定クライアントはブラウザの種類、Javaの動作環境のインストール状況などにより選択できないものがある場合があります。

JavaScriptでの測定に関して

■ スマートフォンやタブレット等でもHTML5の機能のあるブラウザで測定が可能です。

■ JavaScriptでの測定は、最新のブラウザでのご利用をお勧めいたします。Internet Explorer 9等リリースから年月の経過したブラウザではサポートされる機能の制限により利用できない場合があります。

■ 測定にはWebSocketを使用しますので、通信にプロクシを利用している場合にプロクシがWebSocketに未対応の場合は測定でができないまたは不安定になる場合があります。

Javaアプレットでの測定に関して

■ ブラウザの種類によりJavaアプレットが利用できないものがあります。

■ 2017年3月現在Javaアプレットの利用できるブラウザは、PC版のInternet ExplorerおよびSafariです。

■ 上記のブラウザではJavaの動作環境をインストールすることでJavaアプレットでの測定が利用できるようになります。

■ 通信にプロクシを利用している場合はJavaアプレットでの測定はできません(プロクシを設定していても、プロクシを経由しない接続で測定されます)。

■ 測定の精度面ではJavaScriptでの測定に比べJavaアプレットをお勧めいたします。